豪本探求日誌 ←前の月へ 次の月へ→戻る

5月の主なダイナミックもの
5/15:近代麻雀 「ゲッターロボ牌」永井豪・石川賢原作・森橋ビンゴ脚本、ドリル汁作画
5/18予定:
闘神デビルマン 原作:永井豪 作画:岩本佳浩(復刊ドットコム)
5/20:月刊ヤングマガジン6月号 マジンガーZ インターバルピース シナリオ:小沢高広 マンガ:長田馨
5/20~:映画「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館などで一般公開!


2017年5月
5/26:永井豪記念館イベント詳細決定。
ガイさんのつぶやき見て、記念館のイベント詳細決定したことを知る。
永井豪記念館ファン感謝祭イベント(詳細決定)

今回は、スーパーロボット超合金 真マジンガーZヴァージョンで、
今までと違い、当日並んだ順ではなく、あらかじめ往復はがきで
6/1~6/16の間に事前に申し込んで抽選で当たった場合に
買えるようになったようです。

これなら、当選しなくてもあきらめもつくし、
早朝並びをしなくてもよくなったのは逆にありがたい!!

5/26:渋谷タワーレコード
渋谷タワーレコードにて、デビュー作「目明しポリ吉」発表50周年記念 永井豪 50EVE ~永井豪50周年前夜祭~
6/21(水)〜7/2(日)タワーレコード渋谷店8F SpaceHACHIKAIにて、
永井豪50EVE~永井豪50周年前夜祭~
という展覧会があります。

特別企画/イベントとして、
・6/26(月)に永井豪トークショー
・6/10~8/31まで謎謎㊿永井豪~永井豪からの挑戦状~
タワーレコード渋谷店内にて行われる謎解きウォーク

※販売開始日等は現状全て未定となっていて、決まり次第
タワーレコード渋谷店のニュースページ、ツイッターにて
告知するそうです。

。。。まあ7/1の永井豪記念館のファン感謝祭イベントにかこつけて
いろいろ悪いことを考えてはいるし、
展覧会は行くけれど、平日の6/26のトークショーはさすがに無理だわ!!

どちらかというと、これが「前夜祭」?!ということは
その後もいろいろ期待していいのかな??

5/20:定例
5/19は、レイトショーで地元で「夜明け告げるルーのうた」映画鑑賞。
。。。まあまあ面白いけど、大ヒットにはならなさそうだなあ。。

5/20は定例で東京に。
新宿によってから、ヒューマントラストシネマ有楽町に。


あらかじめネットでチケットを予約して、不死身の鋼鉄コーラを注文して、
上映会場前に掲示されている各種新聞、雑誌の「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」
の記事などを読み初日の映画鑑賞。
パンフレットを買って見ると、よくよく考えたら当たり前だけど、
プレスシートの内容とほぼ一緒でした。。(まあ、コレクター魂として、
プレスシートも欲しいは欲しかったので後悔無いが。)

すでに去年映画は見ているのですが、改めて見ると、演出は
本当によくできてます。あっという間の2時間でした。
皆さん、うーーんやられた・・という感じでにやにやして帰る方が多かったです。

その後、神田によってから、中野まんだらけに。日ペン展は
気が付かなかったですが、らしんばんの横で

夜明け告げるルーのうたの原画展がやっていました!!(5/23まで)
なぜか、会場内は撮影自由で、外の看板は撮影不可でした。

さて、定例ではひさしぶりにおいしい魚とお酒を堪能。
忍さんに指摘されて、帰りに、月刊ヤングマガジン、
近代麻雀の最新号をあわてて購入。

来月は、お仕事もプライベートも忙しいので、
定例にも行けませんので、おとなしくしてます。。

5/14:闘神デビルマン
5/11に、復刊ドットコムで予約していた、闘神デビルマン届く。

ポストカードの特典付き。抽選20名でサインもあったようです。

5/13に、ようやく喜久屋書店に行き、ハイパーホビーVOL.2確保。


この間のアニメジャパンのインタビューのデビルマンCRYBABY記事と、
皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグの記事。風忍の書き下ろしイラストもあり。

気が付くと、今週末に、
・夜明け告げるルーのうた
・皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
どちらも上映開始です。

定例行く前に見ておくか!!

5/3~4:髑髏城の七人見に行く。
5/3は、東京に。雑兵さんをさそって、豊洲のIHIステージアラウンド東京に。

ゆりかもめの「市場前」駅からすぐだが、まだ周りには何もない。。

開演13時だが、12時15分には、会場に入れるので、パンフなどを購入。
360度回転するステージが売りの今回の舞台、
劇団☆新感線の代表作、「髑髏城の七人」を、花鳥風月と
1年かけて、趣向を変えて4つ上演するというもので、最初の花バージョン。

オーソドックスな2011年の同じく小栗旬主演の「ワカドクロ」に近いシンプルな舞台でした。
※ワカドクロ、後でBlu-Ray細かく見て見ましたが、イヤハヤもっとえげつない展開、描写でした。。。
 早乙女さんと森山さんが強烈すぎる。。
この髑髏城の七人、1990年の初演のチラシのイラストを石川賢が担当
したことからもわかるとおり、「山田風太郎」っぽい歴史もので、
特に、後半は、石川賢の漫画を思い返すようなえげつない展開。。
5/15にライブビューイングで映画館で見ることも可能ですが、
やっぱり、生の観劇は良いです!!

さて、5/4は、あさみぃさんのつぶやきなどを見て、ヒューマントラストシネマ有楽町に。

5/3から配布のミニチラシ、ステッカー(1人1枚まで。)を確保。
さて、その後、秋葉原、中野まんだらけによってみる。

中野では、中野サンプラザで、「大まん祭り」がやっていたのを思い出し、
よってみる。資料性同人誌の即売会もやっていたので、よってみる。
すると、見たことのある同人誌が。。RHさんと遭遇!
せっかくなので、ミニチラシを渡しておく。
とりあえず、ジーグの同人誌があったので、購入。

ま、今回は、ほかにもいろいろ実は回っていて、
東京観光を満喫しまくった2日間でした。
今月は定例、参加予定です。